カテゴリー:有料ゲーム(製品版)の記事一覧

アダルト同人RPG改造館

成人男性向けの同人ゲームを紹介したり、感想を書いたり、専用の改造ツールをを配布したりするブログです。

カテゴリー:有料ゲーム(製品版)

「バウンティハンター2」の紹介とSSG

この記事は約 3 分で読めます ( 約 1798 文字 )

バウンティハンター2

【本記事の概要】

本日は「ティー・エンタ・ぴー」様の「バウンティハンター2」をプレイしたので紹介し、感想を述べます。記事末には恒例通りゲーム改造ツール「SpoilerAL」のプラグインであるSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(DLsiteより抜粋)

剣の時代が終わり、銃が新たな武器として君臨し始めた時代。ビッチなハンターだった母を悪人に殺された娘。母に似ずまともに成長した娘は母のあとを継いでハンターとなり、仇が居る罪人の巣食う街へとやって来た。

【ゲーム内容】

プレイヤーは罪人の巣食う街”クライシティ”で手配書の悪人を探しだし、戦闘勝利で捕獲します。手配書は10枚。その中の1人、母親の仇でもある”ピンクダディ”を倒すのが目的です。得た賞金などで街の物件を買い、店のオーナーになったり一軒家を購入したりする事が出来ます。ゲームオーバーはありません。

所持金が無くなった場合はバイトや愛人契約などでお金を手に入れて下さい。カジノでは一攫千金を目指しましょう。ここでしか手に入らないアイテムも有ります。

アイテム

【回復ドリンク】
体力を回復させる栄養ドリンク。
【急心】
気力を回復させる気つけ薬。
【マシーンパーツ】
クライシティに点在する何かのパーツ、これを集めると何かが完成する。
【カジノパスポート】
クライシティの地下カジノに入れるパスポート。今では入手困難。

主人公

【ミナ】(デフォルト名)
巨乳変態賞金稼ぎだった母の仕事を継いだ娘。母親を反面教師としている為、真面目な性格で悪を憎む女の子。でも血は争えずムッツリ系のスケベ。ホストやオナニーにはまるタイプ。左腕にはハンドガンを装着し、腰には母親の剣を携えている。

手配書の悪人(ターゲット)

【サムマサム】
女のスキを見つけたらすかさず犯すレイプ魔。
【マークレッド】
イラマチオ専門のレイプ魔。
【ブラッドブラッド】
幅広い年齢層をレイプしまくる非道集団のリーダー。
【グリーンリーフ】
地球環境に優しい商品を無理やり買わせる押し売り。現在消息不明。
【ブルールーベン】
内向的だった性格とその容姿のせいで、女に敬遠され続けた男。
【トランクステディ】
イエローパンツ兄弟の弟。
【ブリーフボブ】
イエローパンツ兄弟の兄。
【クイックダーク】
 早撃ちが得意の凄腕の殺し屋。
【ピンクジジイ】
小さい頃から強姦の罪を重ねており、年老いた現在も下半身は現役の極悪人。
【ピンクダディ】
銃で初めて殺人を犯した男。”豪快ピンクダディ”と呼ばれ恐れられている。

【プレイした雑感】

<プレイした範囲>

賞金首を1人捕まえたところまでプレイしました。

<このゲームについて>

純朴な賞金稼ぎ娘が賞金首を捕まえていくゲームです。

<戦闘について>

戦闘システム

エンカウントシステムはシンボルエンカウントです。シンボルの復活条件は不明です。

戦闘はシューティングバトル形式で行われます。剣を装備しても変わりません。攻撃を受ける際にはアニメーションが表示されます。

装備によって立ち絵が変化します。

敵との戦闘

雑魚敵は回復なしで戦えますが、回復無しで戦えるのは2~3人が限度です。

ボス戦は戦闘中の回復なしで勝つのは厳しいかもしれません。戦闘中の回復はXボタンから行えます。

敗北 or 降伏するとHシーンが再生されますが、所持金が0になります。定期的に銀行に預けるようにしましょう。

戦闘画面

戦闘画面

<Hシーンについて>

敗北H、イベントHがメインです。アニメーションが搭載されています。

Hシーン001

Hシーン001

Hシーン002

Hシーン002

Hシーン003

Hシーン003

<総括>

前作「バウンティハンター」ではビッチな変態賞金稼ぎ娘が主人公でしたが、今回はその娘(?)で母親を反面教師とする純朴な賞金稼ぎ娘が主人公です。

戦闘はシューティングバトル形式で行われるのでシューティングゲームが苦手な方は少々苦労するかもしれません。ちなみに管理人はシューティングゲームは苦手な方です。ただし、EASYモードも用意されているので意外とプレイすることは可能かもしれません。

純朴な賞金稼ぎ娘がHな目に遭うシューティングゲームに興味がある方におすすめの作品といえるでしょう。

【公式サイト】

ティー・エンタ・ぴー

【ゲームの入手先】

「DLsite」で「バウンティハンター2」を入手

「DMM」で「バウンティハンター2」を入手

【SSGの入手先】

「バウンティハンター2」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

1.8b

「バウンティハンター ~賞金稼ぎは変態ちゃん!?~」の紹介とSSG

この記事は約 4 分で読めます ( 約 1963 文字 )

バウンティハンター ~賞金稼ぎは変態ちゃん!?~

【本記事の概要】

本日は「ティー・エンタ・ぴー」様の「バウンティハンター ~賞金稼ぎは変態ちゃん!?~」をプレイしたので紹介し、感想を述べます。記事末には恒例通りゲーム改造ツール「SpoilerAL」のプラグインであるSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(DLsiteより抜粋)

時は乱世、統治者の力は弱まり無法者たちが幅をきかせる世界・・・。頭の中は金とエロい事ばかりの巨乳変態賞金稼ぎ娘が悪を絶つ・・・?

【ゲーム内容】

プレイヤーは手配書の悪人を探しだし、戦闘勝利で捕獲します。賞金や戦闘で貯まったお金で、武器や防具を強化しながら進みます。

敵の攻撃や恥ずかしい格好、または【発情ハーブ】の使用で《発情ポイント》が貯まります。この数値が100になると、戦闘技が強化され必殺技が使えるようになります。非戦闘時ではエッチ全開状態となり、町民を誘惑する痴女となります。発情の値は町の住人とのエッチやオナニー、または敗北によるレイプで解消されます。

敗北時のゲームオーバーはありません。最後までゲームを進めた場合、2週目以降レベルや装備などはそのまま使用できます。

【アイテム】

【回復ドリンク】
体力を回復させる栄養ドリンク。
【急心】
気力を回復させる気つけ薬。
【発情ハーブ】
発情値を上昇させる危ないハーブ。
【抽選券】
ウェストリバーシティの抽選所では、抽選券が必要となります。抽選券は敵が持っていたり、家の中にある場合もあります。ここでしか手に入らない武器や防具などが景品として用意されています。
【ラッキーコイン】
抽選所での当選確率を高めてくれます。

【主人公】

【エリ】(デフォルト名)
 巨乳の変態賞金稼ぎ娘。頭の中は、お金とエロい事ばかり。

【手配書の悪人(ターゲット)】

【絶倫早漏のタケ】
ならず者5人衆の1人。この男のセックスは1分と持たないともっぱらの噂。しかし、すぐに回復する絶倫の持ち主。
【チンカスのボム】
ならず者5人衆の1人。包茎ペニスのカリの部分には、卒倒しそうなくらいの異臭を放つ大量のカスが溜まっているという。
【巨玉のミルキーラクーン】
ならず者5人衆の1人。股間にぶら下がる巨大な玉袋には大量の精液が入っていると噂。
【両刃のジャスミン】
ならず者5人衆の1人。両性具有の持ち主で、男と女の快感を味わえる人間。見た目は女だが、性格は男勝りで凶悪。
【ダブラー・マランボン】
ならず者5人衆のリーダー。奇形のダブラーとも呼ばれ、ナニが2本付いているらしい。マランボンに犯された女は、2穴を同時に責められるという。

【基本画面サイズ】

640×480ピクセル

【プレイした雑感】

<プレイした範囲>

賞金首を1人捕まえたところまでプレイしました。

<このゲームについて>

巨乳で変態な賞金稼ぎ娘が賞金首を捕まえていくゲームです。

<ダンジョンについて>

一本道のダンジョンもあれば少々複雑なダンジョンもありますが、どのダンジョンも迷うほどではないでしょう。

<戦闘について>

戦闘システム

エンカウントシステムはシンボルエンカウントです。シンボルの復活条件はマップ切り替えです。

戦闘ビューはオーソドックスなフロントビューですが、スキルを仕掛けたり、攻撃を受けたりすると立ち絵やアニメーションが表示されます。

装備によって立ち絵が変化します。

敵との戦闘

雑魚敵は通常攻撃で十分あしらえますが、発情時はおっぱいビンタ(消費MP0)を使用すれば更に楽になります。

ボス戦はスキルを使わないと厳しい部分があるものの、発情時はやはりおっぱいビンタ(消費MP0)を使用すれば楽になります。

降伏、あるいは敗北した場合、Hシーンが流れますが、所持金の全額を持っていかれます。Hシーンを見る際は所持金を使い切ってからにしましょう。

<Hシーンについて>

敗北H、発情時の誘惑Hがメインです。

Hシーン001

Hシーン001

Hシーン002

Hシーン002

Hシーン003

Hシーン003

<総括>

恥ずかしい格好をしたり、敵の攻撃を受けると発情値が上昇し、発情値が100を超えると発情モードに移行します。

発情モードになると、おっぱいビンタ(5回攻撃、スタン効果)や放尿アタック(1回攻撃、麻痺効果)が使えるようになるほか通常時に使用できたスキルが強化されます。

Hシーンのメッセージの部分では建前と本音の両方が表示されなかなか面白かったです。

巨乳の変態ちゃんが犯されたり誘惑したりするHなRPGに興味がある方におすすめのゲームといえるでしょう。

【公式サイト】

ティー・エンタ・ぴー

【ゲームの入手先】

「DLsite」で「バウンティハンター ~賞金稼ぎは変態ちゃん!?~」を入手

「DMM」で「バウンティハンター ~賞金稼ぎは変態ちゃん!?~」を入手

【SSGの入手先】

「バウンティハンター ~賞金稼ぎは変態ちゃん!?~」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

1.1

「ゴーストタウン・ガンスイーパー」の紹介とSSG

この記事は約 3 分で読めます ( 約 1493 文字 )

ゴーストタウン・ガンスイーパー

【本記事の概要】

本日は「ティー・エンタ・ぴー」様の「ゴーストタウン・ガンスイーパー」をプレイしたので紹介し、感想を述べます。記事末には恒例通りゲーム改造ツール「SpoilerAL」のプラグインであるSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(DLsiteより抜粋)

ゴーストハウス・ガンスイーパー続編。

幽霊退治会社の社長でありゴーストを倒せる弾丸を発明した天才科学者でもある大珍児四朗博士の魂が何者かに奪われてしまった。新人を加えた幽霊退治屋社員の4人は博士の魂を後を追いかけ、廃墟と化したゴーストタウンへと向かう。

エロいゴーストたちが巣食う人気のない町で、邪悪なゴーストや迷えるゴーストを退治、または成仏させながら奪われた魂の行方を探索、そしてこの町へ引き寄せられた真実を解き明かすロールプレイングゲームです。

ゴーストにダメージを与える事が出来る特殊な弾丸《ザー弾 別名 スペル弾》の材料は「精液」。体力の回復に役立つドリンクの材料やあらゆる薬の材料も「精液」。

材料となる「精液」はゴーストと戦いながら採取したり、オナニーなので集めます。また、敗北すれば犯される代わりに、ほとんどのゴーストから「精液」を採取出来ます。

【基本画面サイズ】

640×480ピクセル

【プレイした雑感】

<プレイした範囲>

一度散開し合流したところまでプレイしました。

<このゲームについて>

エロテクや銃などの武器を駆使して精液を入手したり、除霊したりしながら社長の魂を取り戻すといった内容のエロRPGです。

<ダンジョンについて>

町の地図が序盤で手に入るため迷うことはないでしょう。

<戦闘について>

戦闘システム

エンカウントシステムはランダムエンカウントとシンボルエンカウントの両方があります。ランダムエンカウントのエンカウント率はそこそこで、シンボルエンカウントのシンボルの復活はありません。

戦闘ビューはオーソドックスなフロントビューですが、攻撃やエロテクを仕掛けたり、攻撃を受けたりすると立ち絵やアニメーションが表示されます。

装備によって立ち絵が変化し、また、装備には耐久度が設定されていて、破損していきます。

敵との戦闘

精液を入手したいときはエロテク中心に、レベル上げがしたいときは武器による攻撃を中心に使えばいいでしょう。

降伏、あるいは敗北した場合、Hシーンが流れますが、所持金の半分を持っていかれます。Hシーンを見る際は所持金を使い切ってからにしましょう。

<Hシーンについて>

戦闘中でのエロテク仕様時、敗北時のHシーンがメインです。ペニスを強調したものが多めです。

Hシーン001

Hシーン001

Hシーン002

Hシーン002

Hシーン003

Hシーン003

<総括>

ゲーム序盤から女性3人+αのHシーンが堪能できる太っ腹の作品です。

前作である「ゴーストハウス・ガンスイーパー」の続編なので基本的なシステムは前作を踏襲しています。よって前作が楽しめた方は大いに楽しめるでしょう。

Hシーンについては手コキ、フェラ(イラマ含む)、オナニー、本番のみですが、個性豊かな多数のモンスターを用意することでシチュエーションの数を網羅している感じです。また、前作に続き性転換の要素もあるようです。

着せ替えや性転換要素のある手コキ、フェラ(イラマ含む)、オナニー、本番に特化した作品に興味がある方におすすめの作品といえるでしょう。

【公式サイト】

ティー・エンタ・ぴー

【ゲームの入手先】

「DLsite」で「ゴーストタウン・ガンスイーパー」を入手

「DMM」で「ゴーストタウン・ガンスイーパー」を入手

【SSGの入手先】

「ゴーストタウン・ガンスイーパー」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

1.5

「ゴーストハウス・ガンスイーパー」の紹介とSSG

この記事は約 4 分で読めます ( 約 1887 文字 )

ゴーストハウス・ガンスイーパー

【本記事の概要】

本日は「ティー・エンタ・ぴー」様の「ゴーストハウス・ガンスイーパー」をプレイしたので紹介し、感想を述べます。記事末には恒例通りゲーム改造ツール「SpoilerAL」のプラグインであるSSGを添付します。

【ゲーム紹介】(DLsiteより抜粋)

【ゲーム内容】

エロいゴーストたちが巣食う屋敷に閉じ込められてしまったゴーストエクスタミネーター(幽霊退治屋)。ゴーストを退治しながら、忌まわしい謎を解き明かし、屋敷から脱出するロールプレイングゲームです。

ゴーストにダメージを与える事が出来る特殊な弾丸《ザー弾 別名 スペル弾》の材料は「精液」。体力の回復に役立つドリンクの材料も「精液」。

アイテムの材料となる「精液」はゴーストと戦いながら採取します。また、敗北すれば犯される代わりに、ほとんどのゴーストから「精液」を採取出来ます。

登場人物

  • 四ツ矢レイ
    ゴーストエクスタミネーター攻撃要員。射撃の腕前は一流。近眼で、メガネを外せば命中率が下がる。根はスケベ。
  • 四菱ともみ
    ゴーストエクスタミネーターバックアップ非戦闘要員。巫女。霊感が強く、様々な札を作り、レイに販売するしたたかな一面も。実の兄である栄一に、恋心を抱く。

    用意する主な札

    《霊無絶札》
    ゴーストを近づけなくする札。使用すると自動的に解除札へ変わる。強いゴーストには無効。
    《霊召集札》
    ゴーストをおびき寄せる札。使用すると自動的に解除札へ変わる。
    《欲情札》
    性的欲求を増幅させる札。精液を出すゴーストに使うと射精しやすくなる。
    《防具延命札》
    防具の耐久性能を高める札。防具が破損すると効果は消える。
    《性器置換札》
    他人の性器と自分の性器を置換する。使用すると自動的に解除札へ変わる。
  • 四菱栄一
    ゴーストエクスタミネーターバックアップ非戦闘要員。水と精液を調合し《ザー弾 別名 スペル弾》を現場で生成する技術を持つ研究員。破損した防具の支給交換や回復ドリンクの製造も行う。レイに憧れを抱いている。巫女のともみは実の妹。

    用意するアイテム

    《精え気力ドリンク》
    幽霊駆除会社特製の炭酸水と精液をブレンドさせた体力回復ドリンク。
    《マガジン各サイズ》
    スペル弾を装填したマガジン。
  • 萬所剛三
    幽霊屋敷の主。5年前に死んだ父親から屋敷を相続。放置していた屋敷に憑りついたゴーストたちの退治を依頼する。

【基本画面サイズ】

640×480ピクセル

【プレイした雑感】

<プレイした範囲>

数部屋除霊したところまでプレイしました。

<このゲームについて>

エロテクや銃を駆使してエロゴーストから精液を入手したり、エロゴーストを除霊したりしながら屋敷を除霊するゲームです。

<ダンジョンについて>

見取り図があるため迷うことはないでしょう。

<戦闘について>

戦闘システム

エンカウントシステムはランダムエンカウントとシンボルエンカウントの療法があります。ランダムエンカウントのエンカウント率はそこそこで、シンボルエンカウントのシンボルの復活はありません。

シンボルエンカウントの敵を全滅させるとその部屋は除霊完了ということになります。

戦闘ビューはオーソドックスなフロントビューですが、攻撃やエロテクを仕掛けたり、攻撃を受けたりすると立ち絵やアニメーションが表示されます。

装備によって立ち絵が変化し、また、装備には耐久度が設定されていて、破損していきます。

雑魚敵との戦闘

精液を入手したいときはエロテク中心に、敵が鬱陶しく感じた場合は銃による強力な攻撃といった感じに使い分ければいいと思います。

<Hシーンについて>

戦闘中でのエロテク仕様時、敗北時のHシーンがメインです。ペニスを強調したものが多めです。

Hシーン001

Hシーン001

Hシーン002

Hシーン002

Hシーン003

Hシーン003

<総括>

ちょっとビッチ(?)な女性がエロゴーストを退治したりエロゴーストにHなことをされたりしながら屋敷を除霊していく内容のゲームです。

登場モンスターはペニスを強調した感じのものが多いような印象を受けました。

武器以外の装備を変えると立ち絵がその状態に応じて変化するので好みの状態で徘徊できます。ただし、敗北Hは全裸限定のようです。

着せ替え要素のあるこれでもかというほどペニスを強調したHなRPGがに興味がある方におすすめのゲームです。

【公式サイト】

ティー・エンタ・ぴー

【ゲームの入手先】

「DLsite」で「ゴーストハウス・ガンスイーパー」を入手

「DMM」で「ゴーストハウス・ガンスイーパー」を入手

【SSGの入手先】

「ゴーストハウス・ガンスイーパー」のSSGをダウンロード

【対応バージョン】

< p class="mb1">2012年02月02日版